前へ
次へ

インプラントの治療を受けようと決心しました

これは実話です。
私は昭和24年生まれですから団塊の世代に属しています。
昭和47年に大学を卒業して東京の建設会社に就職できました。
それはバブル経済の最盛期で、仕事が大変忙しかったように記憶しています。
毎日朝早くから深夜まで会社で働かされました。
近くに歯医者さんがあるのに、その歯医者さんで虫歯の治療をする時間も取れませんでした。
それで気づいたときには手遅れでした。
歯医者さんを訪問した時には、奥歯の根が完全に腐ってしまっており、抜歯するしか手段はありませんでした。
七十歳になった今、私はサイトで素晴らしい発見をしました。
それはインプラントという新しい歯科技術です。
インプラントは顎の骨にボルトを差し込んで、新しい奥歯を固定します。
その使い心地は抜群で、抜け落ちる前の本当の奥歯と同じような感覚があると言われています。
本当なのでしょうか 。
私はインターネットを利用して今からそれを確認して、インプラントの治療を受けようと決心しました。
それで昔失くしてしまった喪失歯を取り戻せるからです。
人生はまだまだこれからです。

Page Top