前へ
次へ

総入れ歯のようなインプラントがある

食事をするためには歯が必要になるでしょうが、高齢になるにつれて少しずつ抜けていくかもしれません。
抜けていくたびに義歯の治療をしていきますが、最初は一本だったのが二本、三本と増えてくると複数本をまとめて装着するタイプなどを選ばないといけません。
そしてすべての歯を失ったときには総入れ歯と言ってすべての歯を一体化したものを歯茎に装着して使うことになります。
接着剤などで固定するもののぐらつきなどを感じることもあるでしょう。
インプラント手術といえば一本だけ抜けた時にそこに歯根を埋め込んで行う治療と考えるかもしれません。
実はインプラントにも総入れ歯のようなタイプがあり、歯の多くが抜けてしまったときに受けることができます。
通常のインプラントは一本ずつ歯根を埋めていきますが、総入れ歯タイプは二本から数本の歯根を埋め込み、その歯根に総入れ歯を固定させます。
接着剤で固定するのに比べるとしっかり固定させることができるので、固いものでも楽々食べることができます。

Page Top