前へ
次へ

インプラントの種類と治療法について

インプラントには「1ピースタイプ」と「2ピースタイプ」の2種類が存在します。
1ピースタイプは歯根部分にあたるフィクスチャーと、人工歯とフィクスチャーをつなぎ合わせるアバットメントが一体化しているインプラントです。
2ピースタイプはフィクスチャーとアバットメントを接続して埋入するものを指します。
「1ピースタイプ」には外科手術が1度で済むので2ピースタイプと比べると治療期間が短くなるというメリットがあります。
その反面、術後アバットメント部に不具合が生じた場合にはインプラント全体を外して処置しなければならないというデメリットが発生します。
また1ピースタイプの施術は顎の骨がしっかりしている人しか受けることができません。
対して「2ピースタイプ」では治療期間が長くなることと、フィクスチャーとアバットメントをつないでいるネジが術後に緩んでしまう可能性があり、これらがデメリットとして挙げられます。
しかし1ピースタイプとは異なり顎の骨の状態に左右されることなく施術を受けることができます。

Page Top