前へ
次へ

インプラントはメンテナンスで長持ちする

インプラントは天然の歯と変わらないのが魅力ですが、メンテナンスを怠ると脱落してしまう点もまた天然の歯と変わりません。
一度セットしてしまえばもう何もしなくていいというなら楽なのですが、人工と言えど自分の歯になった以上、自前の歯と同様、きちんとメンテナンスをしましょう。
インプラント自体は、チタン合金製のボルトを歯根として、上にセラミックなどをかぶせた人工物です。
もちろんこれが虫歯菌にやられることはありませんが、天然の歯と違い歯茎への血流が少なくなるため、汚れが付着すると歯茎に炎症が起こりやすいという特徴があります。
自覚症状が出にくいため、気づいたときは遅いというケースも少なくありません。
進行してしまうと治療も困難になるため、最終的にはセットしたインプラントを取り除かなければならなくなるかもしれません。
費用をかけて手に入れた、大切な第2の永久歯です。
インプラントは日頃からホームケアをしっかり行い、歯科医院で定期的にクリーニングをしてもらうことで正常な状態を維持しましょう。

Page Top