前へ
次へ

インプラント治療時の痛みとは

インプラント治療は顎の骨に穴を開けて、人工歯根を埋め込むという外科的な手術を必要とする歯科治療です。
顎の骨に人工歯根を埋め込むと聞くと、手術中の痛みが強いのではなど不安を感じる人もいるかもしれません。
インプラント治療の場合、局所麻酔をして手術を行うのが基本です。
麻酔が効いている状態で手術を行うため、痛みを感じるということはありません。
手術後に痛みが出ることもありますが、抜歯を行った程度の痛みと言うケースが多いようです。
痛み止めを服用すれば、問題ない痛みで済みます。
手術後も入院する必要はなく、翌日から通常の生活を送れるようになります。
ただ、手術に対して強い不安感を感じているという場合、静脈内鎮静法での麻酔がおすすめです。
静脈内鎮静法とは鎮静剤を点滴で投与するという麻酔方法で、半分眠ったような感じとなり手術に対する不安や緊張が軽減されます。
インプラント治療への不安が強い方は、静脈内鎮静法を行っている歯医者さんを選ぶと良いでしょう。

Page Top