前へ
次へ

インプラント治療の名医を探すには

インプラント治療の名医を探すには、認定医や指導医の資格を持つ歯科医師が施術を行っているかという点を、

more

インプラントの種類と治療法について

インプラントには「1ピースタイプ」と「2ピースタイプ」の2種類が存在します。
1ピースタイプは

more

インプラント治療にかかる相場

インプラント治療は健康保険が適用されないため、治療にかかる費用は全額自己負担となります。
さら

more

インプラント治療に向いていない人

インプラント治療を行う前に、歯や歯茎の状態がどうなっているのか確認しなければなりません。
治療を希望していてもすぐに治療ができない場合があることを理解し、適切な治療を行うことが望ましいでしょう。
まず、歯槽膿漏や歯周病がある人の場合、インプラント治療ができません。
歯や歯茎の状態、あごの骨の状態が正常でない人の場合には、インプラントが定着しづらいからです。
また、持病を抱えている人も治療を受けづらいといわれています。
受けられない持病としてあげられているのは腎臓疾患や糖尿病です。
腎臓病を抱えている人の場合には免疫力が落ちているため、傷ができても治りにくいなどの症状があります。
あごの骨にチタンでできた歯の根っこを入れて、その上に歯を乗せる形で治療を行うため、歯茎から出血し、治るまでに時間がかかる可能性があります。
また、人工透析を受けている人の場合には骨がもろくなっている可能性が高いため、治療に不向きです。
糖尿病も抵抗力や免疫力が落ちているため、傷の治療が遅れてしまい、歯科治療に不向きといわれています。
妊娠中の人の場合には、治療を受けることができません。
手術後に痛み止めや抗生物質を投与する必要がありますが、妊娠中の場合には薬物投与ができないからです。
手術によってストレスを感じ、結果として流産や早産の危険性もぬぐえません。
結果として妊娠中の母体と胎児に大きな影響を与えてしまうため、避けたほうがいいといわれています。
同様に授乳中の母体も薬物投与や治療の継続に対するストレスが大きくなるため、治療に向いていません。

豊川市 歯医者
プライバシーを守った歯科治療をご提供させていただきます

岐阜 歯周病
自信の歯を大切にしたいと思うならまずは桜桃歯科にお越しください

矯正 池袋
地域最安値で治療いたします

当院独自の施術法により症状を改善いたします
低刺激でかつ痛みが少なく体に安心の処置を行うことで患者様自身の自然治癒力が最大限に発揮されるような施術を行っております。

四日市 矯正歯科
小児矯正治療が可能な歯科医院です

あごの骨が薄い人や、高齢者、喫煙者、18歳未満、更に毎日歯を磨いてない人も不向きといわれています。
あごの骨が薄い人はチタンを埋め込むことであごの骨を砕いてしまう危険性が指摘されていること、高齢者の場合骨がもろいことが多く、埋め込むことで骨折の危険性があるからです。
更に喫煙者の場合、せっかく埋め込むことができても定着しづらいため、あまりおすすめできません。
18歳未満の場合、骨が成長期であるため、危険性が高いといわれています。
歯を毎日磨いていない人の場合、ルーズな生活習慣によっていつ歯周病になるかもしれないため、不向きです。

Page Top